間伐スポットライト

今日は北勢町新町で、森の健康診断をしたポイント内を間伐モデル標準プロットにする作業をしました。
愛知県津島市からKさん、藤原町古田からOさんにも参加していただき、チェンソーの安全な使い方と正確な伐倒の基礎を個人レッスンを兼ねて、一人一本ジックリと木と向き合ってもらいながら間伐作業をしました。
山主さんから森の健康診断から選木までの流れと選木結果の解説
間伐後の空あけ
たった数本切っただけで、森の中がパッ!と明るくなり、まるでスポットライトが当たったかのよう、その場所だけがひと際輝き出しました。
作業を終えて、山主の重巳さんのお宅で歓談、秋の味覚の王様「天然山栗」や梨、りんご、おにぎりなど、たっぷりといただきました。
ご馳走さまでした!(^_^)

山造り研究所

日本の山林を元気に 山川里海ゆいネット

0コメント

  • 1000 / 1000