いなべ山造り塾 チェンソー目立て講習会

7月16日(日) 藤原町山口地区 集落センター
チェンソーの手入れと目立ての勉強会
 講師に岐阜県美濃市 杣の杜学舎 代表 鈴木 章 さんにお越しいただき、参加の皆さんにチェンソーの整備方法や切れる刃を作る勉強会をおこないました。
この日は30度を超える暑さで日陰を求めて軒下で説明 🌞💦

 昨年の参加者アンケートから『もっと基本的な目立てなどをタップリ教えて欲しい』の声に、やっとお応えする勉強会を開催する運びとなりました。

先ずは、各自で持ち寄ったチェンソーの切れ味確認
次に、講師のチェンソー二台を使って切ってみる。
違いの差を実感!
その後、座学と実地研修
チェンソーの手入れ…清掃は毎日、キャブレタの切り粉を取り除き、チェンオイルの出具合チェックしてね。
目立て研修では、ソーチェン(刃)の構造と種類を学び、自分の刃がどれなのかを知る。
そして、ヤスリサイズ、刃の研ぎ方を手取り足取り、上手く研げましたでしょうか?
最後に、研ぎ終わったソーチェンを愛機に付けて、試し切り
ビフォア&アフター
皆さん、それなりにガッテン(^_^)!!!
していただきました。
次回、7月23日(日) も、山口地区集落センターにて10時から開催します。

ご興味ある方は、ご参加くださいませ〜。

山造り研究所

日本の山林を元気に 山川里海ゆいネット

0コメント

  • 1000 / 1000